Menu

どこに設置するか

リモコン

構造によって設置が異なる

一般家庭の場合、エアコンの取り付けは天井より下の部分になります。壁の常備に設置し、室外機はベランダや庭に置くことになるでしょう。建物の構造によって設置場所は異なるので、取り付け業者のアドバイスのもと、適切な場所に設置することをおすすめします。また、エアコンの取り付けを初めて行う場合、壁に穴を開けることになるものです。つまり、多少の工事が必要になります。集合住宅であれば、管理会社に許可を取ってからにしましょう。いくら持ち家であっても勝手に行うことはできません。それから、室外機置き場にも注意が必要です。戸建てにしても集合住宅にしても、室外機の音がうるさいというように、隣家や隣室から苦情が寄せられることもあるからです。隣人トラブルが起きないようにするためにも、エアコンの取り付け業者の指示を聞いて適切な場所を選びましょう。もちろん、エアコンの取り付けはエアコンを購入した店舗で手配してくれます。個人的に手配は可能ですが、購入店舗で手配してもらった方が楽です。その店舗が提携している業者だと割安になることもあるからです。手配もスムーズにいきます。一方、引っ越しによってエアコンを取り外し、新居に運んで取り付けるということもあります。この場合、引越し業者経由で取付業者を手配してくれることがほとんどです。これもまた手配が楽になり、引越し代込みという形になってスムーズにいきます。できるだけ楽な方法を選択しましょう。

Copyright© 2018 エアコンの取り付けで注意すべきこと【業者に依頼した方が確実】 All Rights Reserved.