Menu

業務用と家庭用

男性

エアコンには業務用エアコンと家庭用エアコンがありますが、一定の大きさのある空間で利用するのであれば業務用エアコンを利用する方が電気代から見ても、また室内外のレイアウトから見てもメリットが多くあります。

詳しく見る

独自に業者を呼ぶ

男性

作業の流れと相場

エアコンの取り付けといえば購入したさいにセット料金となっていることがほとんどですが、取り付け工事がセットになっていない場合や、誰かからエアコンを貰ったり、または移設したいといった場合には独自に取り付け業者を呼ぶ必要があります。そもそもエアコンの取り付けと取り外しはそれほど難しいものではありませんが、電気配線をするには専門の資格が必要ですし、室内と室外を結ぶホースを通すための穴も空けなければなりませんから専門の業者に依頼した方が確実です。エアコンの取り付けの流れとしては、室内機および室外機のの取り付け場所の確認して場所を決めます。電源が近くにない場合には配線工事を行って用意し、また壁に配管パイプがない場合にはこれも新設します。室内機は壁に直接取り付けますが、室外機は架台を設置してそこに置く形になります。室内機はあらかじめ電線とドレインホース、また冷媒の連絡パイプを接続しておき、室内機取り付けと同時に開けた穴を通して室外に出します。室外機を架台に設置して各種ホースを接続し、試運転を行って問題がなければ完成です。エアコン取り付けにかかる費用としては場所によって大きく変わってきます。例えば電源が用意されており配管用の穴も空けられている場合には2万円程度で行うことができます。しかし、付属工事が必要な場合にはそれらの工事費用が掛かりますし、設置する場所も十分でない場合には補強するための工事も必要です。このため新たにエアコンを取り付けてもらう場合には事前に見積をしてもらうのが無難です。

様々な機種に対応します

エアコン

エアコンを購入したけれど、取り付け工事はサービスに含まれておらず、困った経験のある人が増えています。取り付けの専門業者はあらゆるタイプのエアコンに対応をしているので、安心して依頼できます。コストを抑えているので適正な料金です。

詳しく見る

お店や会社で使う製品を

空調

お店や会社でエアコンを利用するのなら、パワーが強い業務用の製品を選ばなければ力不足でしょう。購入する場合は、業務用エアコンを販売する業者に相談をして、環境にあった適切なものを選ぶことをおすすめします。

詳しく見る

どこに設置するか

リモコン

エアコンの取り付けは建物の構造によって異なります。本体や室外機の設置箇所は、専門業者が詳しいからこそアドバイスどおりに行いましょう。また、購入した店舗で工事業者を手配してもらうとスムーズにいきやすく、とても楽です。

詳しく見る

家庭用とは違う

空調

業務用エアコンはあくまでも業務用なので、家庭用として使うには適していません。一般家庭では家庭用エアコンを使うようにしましょう。一方、業務用エアコンは倉庫や工場といったところで作業をする時に重宝されます。

詳しく見る

Copyright© 2018 エアコンの取り付けで注意すべきこと【業者に依頼した方が確実】 All Rights Reserved.